演者紹介
トップページ > 演者紹介 > 井上 蒼大

井上 蒼大

井上 蒼大(いのうえ そうだい)

二世井上松次郎(靖浩)の長男。

狂言「靭猿」を4歳で初演。以後子方として名古屋・豊田の公演ほか、東京・広島など各地の公演にも出演し、当地待望久しい子方としてその一役を担っている。

 

【生年月日】2004年(平成16) 4月23日

【続柄】二世井上松次郎長男

【師事】祖父・父

【初舞台】「靭猿」小猿(2008年7月 第9回御洒落名匠狂言会)

【発表曲】「靭猿」「伊呂波」「井杭」「重喜」「痺」「梟山伏(病人)」

      「茸(姫茸ほか)」「禰宜山伏(大黒天)」「猿聟(供猿)」 

      「口真似」「金津地蔵」「唐人子宝」「牛盗人(訴人)」

      「薩摩守」

      能「土蜘蛛(三人間)」「鉢木(三人間)」  など。

【舞台歴】2008年7月 初舞台「靭猿」(名古屋能楽堂)

        以後、扶桑町・美和町・豊田市の各公演にて出演。

       2009年5月 日本舞踊常盤津鯉風派『亜季の会』にて 

                               常盤津 「靭猿」に出演。(三重県文化会館)

      2010年4月 初シテ「伊呂波」(名古屋能楽堂〈邦謡会能〉)

       以後、豊田・福山など各公演にて出演。

      2011年5月 西村同門会研究能にて、「井杭」初演。

      以後、豊田・岐阜県海津・東京・

                   福山・伊賀上野などにて出演。

       同   7月 曾祖父13回忌追善会にて「重喜」初演。

       2012年8月 国立能楽堂企画公演 能「土蜘蛛」出演。

       2015年2月 NHK教育テレビ「にっぽんの芸能」に、

          次代を担う子方として紹介、「金津地蔵」を放映。

       同  7月 曾祖父17回忌追善会にて「牛盗人」出演。

 

  中京テレビ放送「ニュース リアルタイム」において初舞台密着の様子を紹介。

 以後、NHK総合テレビ「ほっとイブニング」、 東海テレビ放送「P-CANテレビ」、

中京テレビ「キャッチ!」 にて活動紹介。

 

      

SOHDAI2.jpgのサムネール画像 

             井上 蒼大

IROHA.jpgのサムネール画像

            狂言「いろは」

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大