演者紹介
トップページ > 演者紹介 > 外堀新太郎(角淵 宣)

外堀新太郎(角淵 宣)

角淵  宣(つのぶち せん)

【生没年】1847年2月25日生~1939年2月16日没

幼名・新太郎。

 旧尾張藩士で、西区南外堀町に住居があったことから、外堀新太郎とも号した。本職は弁護士で、同制度発足時の最初の弁護士でもあった。また名古屋市の市政発足時には第1期の市会議員も務め、後に名古屋市から市政功労者として表彰を受けている。

 狂言は幼少より山脇得平(山脇藤左衛門家9世)に師事。慶応元年に18歳で「三番叟」を披く。明治11年に得平没後は得平門下の中心として芸事を相続。明治41年には宗家から山脇藤左衛門名義の相続を正式に許されるが、ついに名乗らなかった。

 学識者・人格者としても人望厚く、共同社結成後はその中心として活躍した。小細工のない格調高い芸風で、脇狂言の果報者や大名狂言などが得意だった。研究熱心で、稀曲・難曲にもとりくみ、仕舞狂言なども好んで演じた。四拍子に堪能で、ワキ方高安流の謡を皆伝、指導もしていたと言う。大正11年3月、観世清廉追善会で「鶯」を演じたのが最後の舞台となったが、その後も重鎮として重きをなした。

昭和14年没、享年92歳。

 

主な上演記録
慶応1(1865)「三番叟」
明治3(1870)「釣狐」
4(1871)「麻生」(大野舞台での催能)
8(1875)「楽阿弥」(早川舞台での催能)
9(1876)「花子」
12(1879)「瓢神」(早川幸八追善)
16(1883)「金岡」(寺田左門治追善)
17(1884)「狸腹鼓」(物故三師追善)
17(1884)「酒講式」(保能会)
18(1885)「木六駄」(保能会)
36(1903)「唐人子宝」(那古野神社催能)
36(1903)「唐人相撲」(徳川邸)
41(1908)「松脂」(角淵還暦祝賀)
大正6(1917)「泣尼」(吉田方條追善)
7(1918)「枕物狂」(鬼頭八郎追善)
8(1919)「業平餅」(伊勢門水還暦祝賀)

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大