演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 冥加さらえ(みょうがざらえ)

冥加さらえ(みょうがざらえ)

登場人物/河童太郎・おからねこ・甘酒女・龍神・小河童(不定)   上演時間/約35分

 

やまかわさとみ氏作    平成25年4月6日(土)初演  《二回公演》  

 

龍神の命令により、百年ぶりに木曽の山奥から名古屋へ下りてきた河童たち。堀川に住む妖怪おからねこや甘酒女と出会い、手を組んで『冥加さらえ』を画策し、うまうまと人間の尻小玉集めを始めますが・・・。

 

徳川時代(天保年間)より続く堀川の川ざらえ(清掃事業)を発端に、地域に伝来する妖怪話と組み合わせ制作されました。

堀川浄化に努める《堀川ライオンズクラブ》の結成10周年を記念して、なごや堀川狂言会で初演されました。

 

◆初演時配役

河童太郎/佐藤  融    おからねこ/井上松次郎   甘酒女/野村又三郎

龍 神/野村 萬斎    小河童/一般募集の子方(8名×2回公演)

 

 

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大