演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 井 杭(いぐい)

井 杭(いぐい)

登場人物/井杭・算置き・檀那   上演時間/約30分

  

井杭という名の男は、日ごろ世話になっている檀那にいつも戯れに頭を叩かれるのが嫌で、清水の観世音にこの事を祈願すると《頭巾》を授かります。この頭巾を持って檀那のもとを訪ね目の前で被ってみると、不思議なことに姿が消えます。驚いた檀那は、偶々通りかかった算置き(=占師)を呼んで居場所を占わせますが・・・。

 

中世でも考えられた元祖透明人間のファンタジー。井杭と算置きの知恵比べ・駆引きが見どころです。

また井杭役は子どもが演じる事が多く、無邪気で悪戯心をくすぐる作品でもあります。

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大