演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 腰 祈(こしいのり)

腰 祈(こしいのり)

登場人物/祖父(おおじ)・山伏・太郎冠者   上演時間/約25分

 

永年の修行を済ませ帰郷した山伏は、久々に祖父(おおじ)のもとを訪ねます。すっかり腰の曲がった祖父を見て、山伏は修行の成果とばかりに、祈祷で腰を元に戻そうと試みますが、祈りが効き過ぎて・・・。

 

狂言に登場する山伏の大半は、祈祷の効果が現れない面白さを誘いますが、本曲は逆で、効き過ぎるところに可笑しみがあります。祖父の演技と山伏の奮闘ぶりが見どころです。

公演形態によって、祖父をシテ(主役扱い)に上演する場合と、山伏をシテにする場合とがあります。

 
  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大