演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 鎌 腹(かまばら)

鎌 腹(かまばら)

登場人物/男・妻・仲裁人   上演時間/約20分

 

山仕事を生業にする男(太郎)は、日ごろから働きが悪く怠け癖が抜けません。今日も妻から「早く山へ仕事に行け」と、棒や鎌を振り上げられては追い立てられるところを、仲裁人が見つけて止めに入ります。太郎は仲裁人の手前、思わず「この鎌で切腹してやる」と啖呵を切ってしまい・・・。

 

今更後に引けなくなった太郎の、男の意地と死への恐怖、心理描写がよく織り込まれており、あの手この手で切腹を試みる仕草や駆引きが、切なくも笑いを誘います。

けたたましく唐突に始まる序章部も、他の演目とは異なっていて見どころです。

 

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大