演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 鐘の音(かねのね)

鐘の音(かねのね)

登場人物/召使い・主人   上演時間/約25分

 

主人は召使い(=太郎冠者)に、鎌倉へ行って「かねのね」を聞いて来い、と云い付け使いに出します。召使いは円覚寺・極楽寺など鎌倉の寺々を巡り、「鐘の音」を聞き比べて報告しますが、主人は褒めるどころか怒りだし、その訳を尋ねてみると・・・。

 

『かねのね』の真意を聞き誤った言葉違いの演目ですが、鐘を突いては聞きまわる召使いの独演は、その情景をも浮かびそうな一人芸で見ものです。

また流儀・流派によって、聞きまわる寺や順序・音の良し悪しに異なった演出があります。

 

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大