演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 懐中聟(かいちゅうむこ)

懐中聟(かいちゅうむこ)

登場人物/聟・舅・召使い・教え手   上演時間/約30分

 

舅の家へ聟入りに出掛ける事となった聟は、その作法が不心得と感じて知人に教えを乞います。知人は聟に対して、舅の家で出された物をすべて懐に収めるのが、今時の流行り(=当世様)だと偽りを答えて揄います。正直者の聟は騙されたとも知らず、準備万端・意気揚々と舅のもとを訪ねますが・・・。

 

狂言において《聟入り》とは、婿養子になる事ではなく新婚最初の挨拶儀礼として用いられます。「鶏聟」「音曲聟」「猿聟」など、聟入りにまつわる類曲が存在し、当時の慣習や世相が垣間見られる作品です。

 
  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大