演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 首 引(くびひき)

首 引(くびひき)

登場人物/親鬼・鎮西八郎為朝・姫鬼・眷属鬼多数   上演時間/約25分

 

鎮西八郎為朝が西国から都へ上る道中、播磨の印南野に差し掛かると鬼に出くわし襲われます。鬼は自分の娘がまだ生き物を食べた事がないので、良い機会だと云って喰い初めをさせようと脅します。為朝も只では喰われまいと、娘と何か勝負をしようと持ちかけて・・・。

  

とかく恐ろしい印象を持つ鬼ですが、狂言においては人間以上に人間臭く、本曲では実に子煩悩。娘への愛情と為朝への威嚇、この温度差が笑いを誘う作品です。

鎮西八郎為朝とは源為朝を指し、父の為義とともに保元の乱で奮戦したと伝えられる平安末期の武将です。数々の武勇伝が「為朝伝説」として九州を中心に残っています。

また大藏流では「鎮西ゆかりの者」と名乗り、為朝とは特定していない流派もあるようです。

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大