演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 金津地蔵(かなづじぞう)

金津地蔵(かなづじぞう)

登場人物/素っ破・子・田舎人・在所の衆    上演時間/約45分

 

越前の国金津の男が、在所で建立した持仏堂に安置する地蔵を求めて京の都へやってきます。

都の賑やかさになかなか仏師を探せない男の元へ、都の素っ破(詐欺師)が近づき自ら仏師であると偽って口八丁手八丁で契約を結び、金を騙し取ろうと企てますが・・・。

田舎者が都で騙されるという演目は、「末廣かり」「仏師」など数多く残る狂言のテーマの一つですが、本曲は一工夫、子どもが地蔵に化ける事によって騒動に発展する可笑しみを秘めています。子方の活躍に乞うご期待。

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大