演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 酢 薑(すはじかみ)

酢 薑(すはじかみ)

登場人物/堺の酢売り・摂津の薑売り    上演時間/約20分

 

都の祗園会へ商売に出掛けた摂津ノ国の薑売りは、道中和泉ノ国堺の酢売りと出会います。互いに商売物の自慢と由来を披露し、更には商売物に掛った秀句(洒落句)を云いながら商いを始めます・・・。

 

互いの自慢を競い合うというよりは、秀句を楽しむ雰囲気と笑いに興じるほのぼのとした演出になっています。

《薑》は、現在では生姜の事とされていますが従来は山椒とも。薑が辛いので「カラ」の韻を踏んで由緒や秀句を進めていきます。別名「酸辛(すいからし)」という異名も残る作品です。

 

 

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大