演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 素袍落(すおうおとし)

素袍落(すおうおとし)

登場人物/召使い・主人・伯父   上演時間/約30分

 

伊勢参宮を思い立った主人は、かねてより参詣希望のあった伯父を誘うため、太郎冠者を遣いに出します。生憎伯父には先約があって同行できないものの、折角訪ねて来た太郎冠者に門出の祝いと酒を振舞いつつ、自分の代参を頼んで引出物の素袍を託します。すっかり酔いの回った太郎冠者は、やがて支離滅裂となり・・・。

 

「千鳥」「寝音曲」「棒縛」など酒にまつわるエピソードは、狂言を代表するテーマの一つですが、中でも本曲は、徐々に酩酊していく太郎冠者の演技が重要な見せどころとなっています。また伊勢詣という目出度い行事を背景に持つ事から、正月などに上演する祝言曲として取り上げられる事も多いのです。

 

*父母の兄を「伯父」、父母の弟を「叔父」と表記して区別します。

 

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大