演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 宗 八(そうはち)

宗 八(そうはち)

登場人物/僧侶・料理人・有徳人   上演時間/約30分

 

有徳人(主人)が僧侶と料理人を雇おうと高札を掲げます。そこへ出家した元料理人と料理人になった元僧侶が雇われに訪れ、それぞれ仕事を云い付けられます。しかし互いに不慣れな二人は、相談の上仕事を取り替えることとなりますが・・・。

 

殺生を禁じられている僧侶が魚をさばき、生業にしている料理人が殺生を説く、というあべこべの妙を狙った作品。

流儀・流派によっては、「惣八」とタイトル表記します。

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大