演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 鈍太郎(どんだろう)

鈍太郎(どんだろう)

登場人物/男・下京の本妻・上京の妾   上演時間/約30分

 

事情があって無断で西国への独り旅に出た鈍太郎は、三年振りに都へ戻り下京に住む本妻と上京に住む妾の許を訪ね歩きますが、いづれも長期に亘って音信不通であった鈍太郎とは信用されず正に三行半、戸も開けてくれません。気落ちした鈍太郎は、この上は出家して俗世間を憐れみ都行脚する僧侶になろうと決心しますが、それを知った二人の女は出家の志を留まらせようと・・・。

 

鈍太郎とは、この《鈍》が示す通り、本来「才知のにぶい人」「愚か者」という意味を持ちます。

愛想も尽きたと云われつつも内心思いを寄せる女たちの心配に乗じて、得意げに揚々と調子に乗ってゆく鈍太郎の無邪気な性格が物語る、男冥利の満ち溢れた作品と云えるでしょう。

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大