演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 太刀奪(たちんばい)

太刀奪(たちんばい)

登場人物/主人・召使い・通行人   上演時間/約20分

 

参詣に出掛けた主人と召使いは、良い太刀を持った男を見付け奪おうと企てます。召使いは男に近づき、そっと太刀に手を掛けるのですが、逆に脅され主人の刀を捕られてしまいます。刀をとり戻そうと待ち伏せし・・・。

 

《泥縄》のことわざを舞台化した演目でもあり、三者三様の動きが笑いを誘います。

流儀・流派によって、「たちうばい」や「たちばい」とも読みます。

 

 

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大