演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 寝音曲(ねおんぎょく)

寝音曲(ねおんぎょく)

登場人物/召使い・主人   上演時間/約25分

 

前夜酔い紛れに小唄を唄っていた召使い(太郎冠者)。それを偶々聞きつけた主人は、自分の前で唄ってみよと命じます。太郎冠者は今後も度々唄わされては迷惑と考え、「酒を呑まねば唄えない」「女の膝枕がないと唄えない」などと次々に条件を付けて・・・。

 

主人と太郎冠者の駆引きが見どころです。横になって調子良く唄う様は、演者の技量が試される聞きどころにもなっています。

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大