演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 文山賊(ふみやまだち)

文山賊(ふみやまだち)

登場人物/山賊二人   上演時間/約20分

 

二人の山賊が口論の末果し合いを始めますが、見物人もいないのに闘って死ぬのは犬死同様と思い書置きを残します。それを妻子が読んだらば、さぞかし悲しむであろうと感じた山賊たちは・・・。

 

「鎌腹」同様、揚幕内からけたたましく唐突に始まる序章に特徴があります。

流儀・流派によっては、「文山立」とタイトル表記します。        

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大