演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 舟渡聟(ふなわたしむこ)

舟渡聟(ふなわたしむこ)

登場人物/聟・船頭・船頭の妻   上演時間/約35分

 

聟入りのため舅宅へ向かう聟、道中渡し船に乗ります。船中で聟の持参する酒樽に目をつけた大髭の船頭は、呑みたい一心で一杯振る舞うよう所望しますが、断られると漕ぐのを止めてしまったり、また逆に横柄に漕ぎ急いだりとあの手この手で酒を強請(ねだ)ります。肝を冷やし止むなく呑ませた聟でしたが、酒も残り少なとなり軽くなった酒樽を持って舅宅へ到着します。応対に出た姑に土産の樽肴を渡し舅の帰宅を待っていると、そこへ現れたのは・・・。

 

船頭の棹さばきにあわせて、舟が流れたり激しく揺られたりする両者の息の合った演技が見どころです。

また船中で聟と船頭が酒盛りになったり、船頭と舅は別人という設定があったりと、大蔵流など流儀・流派によってストーリー展開が全く異なることも、本曲の特徴と云えるでしょう。

表記上の区別として『舟』は小舟を指し、『船』は大型船を指します。

 
  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大