演目あらすじ
トップページ > 演目あらすじ > 目 近(めちか)

目 近(めちか)

登場人物/果報者・召使い二人・素っ破   上演時間/約30分

 

目出度い正月の折柄、果報者は客を招待し目近籠骨を進呈しようと考え、二人の召使いに都へ行って買ってくるよう命じます。目近籠骨を知らない召使いたちは、都の詐欺師(素っ破)に言葉巧みに騙されて・・・。

 

「末廣かり」「張蛸」と同類曲で、正月の目出度い雰囲気の中、上演される事が多くあります。

目近籠骨とは特殊な扇のことで、その名のまま「目近籠骨」というタイトルも伝わっています。

  • このページの先頭へ戻る
  • 前のページに戻る
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大